[AI SPEAKER 日和

AIスピーカーの比較やニュース、レビューをお送りいたします。AIはPC、スマホに続く、プラットフォームになるでしょう。
<< [Google Home,mini,MAXの違い、本日日本発売 | main | [ラジオの終わりと始まり >>
[店舗向けBGMをラジコ受信機で著作権法をクリアーしてGoogleHomeで実現
0

     わたしの叔父も喫茶店をやっているのですが、BGMに困っていました。

     CDをかけることは、JASRACに酷く怒られますし、有線は高いです。

     

     しょうがなく8000円くらいのラジカセを買ってきて、J-WAVEとかTOKYO-FMとかかけていました。

     しかしこの程、グーグルホームという巷で言う、AIスピーカーが発売され、ラジコ受信機として使うことが出来るようになったのです(2017.10.24対応完了)。ただしWi-Fi環境が必要です。パソコンに詳しい方ならスポティファイやグーグルプレイミュージックという980円のサービスで有線が流し放題です。この2つ以外、スマホのアプリに項目がありません。スポティファイは無料バージョンがあります。

     

     これって床屋など店舗向けラジオには最適じゃないでしょうか。

     ラジオをお店で流していい理由は、著作権法第38条3項に

    「放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。」

     とあります。床屋は営利目的ですが、ラジオを聞いてもらうこと自体を営利でしているわけではないので、ここはクリアーし、料金もラジオ放送にではなく理容師の腕にお金を払っているのでクリアー。

     ただし地域外でも聞けるプレミアム版は、公衆送信のために家庭用とは言え料金を払っているのでNGだと思います。ここは法律の解釈にもよると思います。

     またラジコが公衆送信なのに対し、ユーチューブやスポティファイは公衆配信に当たらないので、ユーチューブライブくらいにしておかないとJASRACだけでなくラジコ自体にもペナルティを課される危険があります。ぶっちゃけ両者もラジオに関しては黙認している所も多く(聞いてもらわないとお金が入らない)大々的にやらない限りは大丈夫だと思います。1日100人以上客が来るところは有線にしたほうが良いと思います。

     

     音質に拘らなければ、6000円、拘るのであれば14000円で買うことが出来ます。

     またこれはグーグルの人工知能を搭載しているので、お子様やお客さんを呼ぶ良い機会となります。もちろん日本語です。会話だけで事が済みます。ただし設定にスマホかタブレットが必要です。

     

     やり方はカンタンです。Google Homeに。「OK Google,ラジコで [ラジオ局名]を聞かせて」というだけ。

     

     扱っているところは、ヤマダ電機・ビックカメラ・auショップなどですが、詳しくはhttp://info.aispeaker.shop/?=eid13をご覧ください。ネットでも楽天やグーグルショップ、コジマなどで扱っています。ジャニーズ以外なら大抵のものが流れています。またAmazonのAlexaも色んなものが揃っていてラジコも当然聞けます。GoogleHomeの方が、日本語を良く聞き取るようです。Alexaは協力しているサービスが多いのが特徴です。

     みなさんのお役に立てれば良いな。

     

    ○一番左が6000円でオムライスかドーナツくらい10月23日発売。真ん中がアロマポットみたいで14000円。右のはまだ発売未定です。

     

    トップページ

    http://info.aispeaker.shop/

    Writer:TAGLA

     

    JUGEMテーマ:スピーカー

    | aispeaker | メーカー | 15:44 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE